1万でつくる出張「ついで」旅【時間がないけど休みたい時】

今日も移動しながら仕事してます、たかぎです。

私は車でよく出張します。

福島在住で(めちゃくそ広い)、1日で2〜300kmの移動も増えてきました。

そういう時、「あ、〇〇方面行くなら、あの人に会いたい or 行きたい所に行こう」って思うんですよね。

 

そういう時は、1泊2日の出張旅行を組みます!

あと「最近忙しかったから、半日だけでもリフレッシュしよう」と。そんな1泊2日の出張「ついで」旅の作り方を予算含めまとめます。

 


1. ついで旅の目的

 

ついで旅の目的は、だいたいこの3つですね。

● ご当地のおいしいものを食べる

● 会いたい人に会う

● 面白い宿に泊まる

 

「目的」=「何をしたいか」「どんな時間を過ごしたいか?」はざっくり決めてた方がいいのかなと。不慣れな土地では道に迷う時間とかもあるので。

 


. ついで旅の組み方

 

まず宿!

今回は、1日目 喜多方市(山都町)、西会津町  → 2日目 湯川村 というルートでお仕事です。気分的に、「ゆったりした所に泊まりたい」と思い、裏磐梯まで足を伸ばしました。

今は安くていい宿も沢山あるので、Booking.comを使ってリサーチ。

今回泊まったお宿はBANDAI LAKESIDE GUESTHOUSE

img_12562
BANDAI LAKESIDE GUESTHOUSE

4,000円ちょっとで朝食付きなんて最高です。曽原湖のそばなので、景色も期待できる。

 

 ざっくり予算!

「ついで」旅なので、予算は約1万円です。

・ゲストハウス 4,320

・食事 3,000

・お土産など 2,000

 


. いざ当日!

 

 1日目

喜多方市(山都町)では、インタビューのお仕事でした。山都町には「ひでじい」というすごいじい様がおり、彼を取材しに行きました。

ひでじいはこの世の森羅万象を語り、いきなり数独とか脳トレのクイズを出題し始める←とにかく異空間を生み出すすごいじい様。編集者さん、上司、たかぎ(ライター)の3人でひでじい宅にお邪魔し、楽しくお話させてもらいました。

img_1233
これがひでじぃだ!
img_1220
魔方陣も作れるとか何者。(本業は百姓、そば屋さん)

 

img_1230
会津ってやっぱ神様いる気がします。(奥にはひでじい)

 

からの、西会津町のプチ探索。写真はありませんが、ちょっとした日光いろは坂みたいな道を駆け抜けました。

img_1238
廃校を利用した「国際芸術村」芸術系の心をつかむ感じですね。

 

img_1235
無料のお茶コーナーも。福島県出身のアーティストの作品が展示されてました。

 

その後、「茶房千(通称:千さん)」へ美味しいカレーうどんをいただきました。夏やさいたっぷり!しかも手打ちうどん。美味しすぎる

img_1242
う、うめえ〜。そしてすごい量。茶房千

 

千さんでまったり打ち合わせをし、皆さんとお別れ。私は宿へ向かいます。

img_1251
おしゃ〜

 

2日目

img_1257
ゲストハウスの目の前は曽原湖。気持ちいい。

 

裏磐梯は夏休みの若者や家族づれがたくさん来てました。バーベキューやキャンプ、カヌーなどを楽しんでる様子。やっぱりレクレーションしに来る場所なんですね~。皆さんアウトドア色全開です。

IMG_6328
「いち、にー、アハハハ!!」

 

その横で、私はひたすらブログを書きまくっています….!!!!www

IMG_6332
快適なリビング…

 

自然に囲まれながら電子機器を使うのが好きで裏磐梯まで来ておいて何してんだと言われそうですが、これが私のリラックス方法。

しかもこのゲストハウスのオーナーさんも「好きなだけ仕事していってください~」と。ありがとう!

img_12471
朝ごはんもこんなに。いいお宿でした。

 

低予算で、リフレッシュできて、稼ぐことも忘れない!

一石三鳥のついで旅、大成功です。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中