フリーランスは、良いも悪いもトラブルも、全て自分で受け止める。 【3泊4日の沖縄での撮影で身に染みたこと】

たかぎです。沖縄に行ってきました!

 

え、彼氏とバカンス?この稼ぎ時にそんなことしてられませんよ~。(干からびる女の典型)

 

小学生の3泊4日の沖縄研修旅行、その「記録係」として同行しました!

動画と写真を撮って、DVDとパンフレットにまとめます。

担当はわたし一人。そう、撮影スキル的に頼れる人は、おりません。

(他のスタッフの方も写真は撮ってくれてますが、子どものケアがメインなので)

 

でも、普段いる場所から離れて仕事するって楽しいじゃないですか。

遠出して仕事してみたい、て人は参考(になるかな)にしてみてください。

 


 

1. トラブルのない旅って、ないよね。

 不測の事態オンパレードでも、自分の仕事をしなきゃ。

 

01
沖縄は、涼しかった…

 

実はこのお仕事、今年2回目。

「ふふ~ん、今年は余裕だな~」と正直ナメてました。

そんな私に顔面パンチをくわらしたのが、台風の到来。

出発の日、沖縄行きの飛行機は全便欠航が決定。

当然、プログラムは全面的に変更を余儀なくされました。

 

1日目、沖縄には行けない!でも順延もできない!

一同「何する!? ナニするうぅぅぅううう!!??」

まあ、大分パニックですよね。

 

団体行動が予定通りにいかないと、こういう事が生じます。

 

沖縄への便が再開しても、羽田や伊丹を経由して行くかも?

 =時間を食う=プログラムの取捨選択をせねばならない

 

全員が同じ飛行機に乗れるかは、航空会社の采配に委ねるしかない

 =うちらは待つしかない & 子どもを班ごとに移動させるかも?

 

あ そういえば、現地に送った荷物は台風の影響で届いてないよ!

 =子どもが発表で使う資料だから、現地で準備する必要アリ

…..などなど。

まあ、担当者は相当パニックですよね。

 

私の仕事にだって影響は出ます。

だってプログラムが変われば、撮影も変わるわけですよ。

 

単純に時間が押してるので、

 限られた時間で「有意義な研修してる」風の映像を撮らなきゃいけない

 

届いてない発表資料は、現地でなんとか作らなきゃいけない

 →「なんとなくできそう」という理由で対処を求められる

 =仕事増える=睡眠時間減る(まあ今回スタッフは、みなさん相当寝不足でした)

 

4日の工程を、2日ちょいに圧縮することになった

 =スケジュールがタイトなる=みんな疲弊する(これが一番見てて辛いかも)

 

旅の時間が減るって、結構残酷です。

本当は「もっとゆっくり見たい」「考えたい」ことがいっぱいあっても、容赦無くリミットが来る。子どもたちも今回の事情を分かってるから、グッと我慢してるようにも見えました。

 

03
美ら海水族館のジン太くん。「あ〜もっと見たい…」って子を何人が見かけた。

 

幸い、子どももスタッフも死ぬほど協力し合い、なんとか無事終了しました。

 

02
3日目夜、海には入れなかったため急遽ナイトプールへ。はしゃぐ子どもたちを撮影する私。

 

たかぎは思いました。

事前に予測できた「不測の事態」なんて、なんの役にも立たねぇなと。

というか、トラブルはあって当然。

 

撮影時間が減ろうが、被写体が疲弊してようが

受けた仕事は、求められる成果物を出さなきゃいけない。

必要なのは、瞬時の対応力。そこには普段から培ってきた技術と鋼鉄のメンタルが要る。

いつもとは違う場所で仕事するって楽しいけど、

こういうトラブルさえも糧にしてやっていかんとなーと。思い知った4日間でした。

 


 

2 「死ぬまで自由に空を飛び回るだけだ」。飛行機に乗ると思い出す言葉。

 

04
上空から見た沖縄の美しさに、息をのんだ。

 

正直、暑さとタイトなスケジュールでバテました。

「あ”あ”あ”~っ、しんど」と思った瞬間があったのも事実。

 

でも沖縄から、帰りの飛行機が飛び立った瞬間、思ったことは

「またこうやって、仕事したいな」でした。

 

知らないと土地で仕事するって、本当に実力が試されます。

できないことを、容赦なく叩きつけられる。

辛い。情けない。でもそれが楽しい。

こういう働き方、ずっとしたかった。

 

そう思いながら、普段の自分は心のどこかで「私にはできない」って否定する気持ちもあります。そんな葛藤があっても、やりたい。ならやるしかない。

 

飛行機乗ると、そういうエモいことがとめどなく溢れてくるんですよwww

 

そして、私が飛行機に乗るといつも思い出す言葉を、最後にあなたに捧げます(?)

 

スクリーンショット 2018-07-27 8.25.45.png

ワシだって当然避けられるもんなら避けてるぜ

だがそれを言ってどうなる

ワシらは死ぬまで生きるだけだ

コントロールができる限り自由に飛び回るだけだ

『宇宙兄弟』デニールヤング

 

…. はぁ、染みる  ….

え?別に??

 

まあいつか死ぬので。

やっぱり、その時まで自由に空を飛び回りたいと思うのです。

 

img_0802
ホテルで見つけたシュールなTシャツ。ジュゴンの扱いって、こんなでいいの??

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中